ココロノタビ

海外・国内旅をして、そんな風に自由気ままに生きてみたいけどちょっと難しい。だけど、毎日いろんな発見があって、人と向き合って自分と向き合って、それは旅してるみたいだよ。そんなあたしのココロの記憶。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルナギータ 七夕Live inTai daiの木


2009年7月7日(大安満月)
生きとし生けるもの全てへ捧ぐ

Live
バルナギータ
大河内 正紀(和太鼓)
open:18:00
start:19:40(2set)
charge:前売り\3500
当日\4000(共に1D付)
会場:Tai daiの木

info/予約:Tai daiの木(024-933-1788)郡山市中町6-14常陽銀行南隣 蔵

七夕の満月にTai daiの木から一生の宝物を贈ります。
ボブさんの命の声を心静かに聴いてください。
見えなかったものがきっと見えてきます。
バルナギータ プロフィール』
バルナギータ」とはサンスクリット語で水の神と意味を持つ。生き物の命の根源、水がいつまでも健全に流れ、
私たちに恵みを与えてくれるよう願いをこめ命名された。

心を開き、あらゆるところを見よう。
仲間はいるし、なすべき仕事は山ほどある。
何処にいようと僕たちは、水のほとりに住んでいるのだ。 内田ボブ

URL:http://www.myspace.com/varnaghita

「内田ボブ」ボーカル、ギター
長野県大鹿村の百姓シンガーソングライター。15歳の時に旅に出、世界を回り歌う。青森・六ヶ所へ[ポピの予言]を持って、ポンたちと行く。ローリング・ドラゴン結成。
いのちの祭りに参加。アレン・ギンズバーグ来日時、京大西部講堂にてジョイント。西表島で水牛と共に10年、現在長野県在住。


「ジミー宮下」サントゥール奏者
インドの古典楽器であるサントゥールを演奏するジミー宮下は、世界的なサントゥール奏者ジブクマールシャルマ師に師事し、インドの聖地ヴァラナシでの演奏は現地で絶賛されるほどの名奏者である。その音色にはシータ波という人を癒す波動があるという。

「横山マーボ(MABO)」パーカッショニスト
日本のヒーリングミュージックの第一人者:喜太郎のワールドツアーメンバーであることでも有名


『大河内 正紀 プロフィール』
福島県鮫川村在住 和太鼓ソロアーティスト
佐渡の和太鼓チーム「鼓童」にて修行後帰郷。2007年よりソロ活動開始。
現在白河に和太鼓道場を開く為準備中。(8月オープン予定)

「営業時間について」
open18:00 start19:40
*当日は昼の営業はお休みさせて頂きます。

「チケットについて」
予約:3500円 当日:4000円(1D付)
ご予約はTai daiの木へお電話かご来店の際申し込み下さい。
スポンサーサイト

 バルナギータ

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。